マヌカハニーUMF・MGO・MSG。評価の違いと換算表

スポンサードリンク





こんにちは!かすみ(@mtnksms_)です。

喉の痛みが辛い時、
トローチやのど飴を舐めるよりもオススメなのがマヌカハニー。

マヌカハニーの使用感想・レポはこちらの記事にまとめています。

マヌカハニーで風邪知らず。喉が痛いときに即効痛み緩和!

2018.11.23

今回は、気になる表記の違いについて解説していきますね。

かすみん
簡単に説明していきます!

スポンサードリンク


マヌカハニー数字表記の違い

マヌカハニーには数字で表記されていますが、
それってどういう意味かご存知ですか?

あの数値は、抗菌作用の強さを表しています。

2015年1月1日にニュージーランドの政府がマヌカハニーの数値を3つの評価に限定しました。

その3つというのがUMF・MGO・MSG活性度基準(評価)です。

かすみん
見るからにややこしいんだけど・・

表記について調べてみました。
簡単にご説明します!

UMF

UMF(ユニークマヌカファクター)
マヌカハニーをフェノール消毒液比較した時の基準です。

マヌカハニーに含まれる抗菌作用を表しています。

MEMO


フェノール消毒液とは病院で一般的に使われている消毒液のことです

UMF協会正式認定されている規格がUMFという数値です。

この数値が高ければ高いほど、抗菌作用が強いということです。
グレードとしては5UMF~26UMFまでの数値で評価されています。

正式な機関で認められている表示方法なので安心できますが、
その数値の誤差は大きく、±25%〜±40%あると言われています。

MGO

マヌカヘルス社独自の規格がMGO。(メチルグリオキサール)

マヌカハニーの中のメチルグリオキサールという
抗菌作用を担う主成分が
どの程度含まれているか、を基準にした数値がMGOです。

MGOは誤差が少なく正確です。

MGO表記はマヌカヘルス・ニュージーランド社が独占しているので
マヌカヘルス社以外の企業が使用することはできません。

かすみん
正確な数値が知りたいのに残念・・!

マヌカヘルス社はこちら↓のマヌカハニーの会社です

マヌカヘルス マヌカハニー MGO100+(250g)【マヌカヘルス】

created by Rinker
かすみん
数値が2種類あってわかりづらいので見比べられる表を作りました!
MGO100 UMF10+
MGO400 UMF15+〜20+
MGO500 UMF25+

UMFは誤差が多いとのことなので大体の目安にしてください。

・UMF5+
健康維持レベル
・UMF10+〜14+
自然な治療
・UMF15+
さらに高い効果(量に注意)

MEMO

UMF10以上で医療レベルと言われています。

MSG

MGSとは、1982年頃ニュージーランドでUMFを発見した
ピーター・モラン博士が、
2009年に開発した活性度基準です。

UMFとMGOw用法の数値を表示することができるので
一番正確であり、消費者の私たちとしても判断のしやすい表記方法ですね。

買っても意味がない?マヌカハニー

MGO100のマヌカハニーは買っても意味がないと聞きました。
抗菌作用が弱すぎるんでしょうか。日常使いにはオススメです。

本当に喉の痛みを解決させたいなら、MGO300以上のものを使いましょう。
もちろん、お値段はその分張りますが、かなり効果的です。

かすみん
数値が上がれば上がるほどマヌカハニーの味も癖が強まる傾向にあります。

初めて利用するかたはMGO100くらいから始めて、徐々に慣らしていくのがいいですよ!

お子様はMGO100が安心かと思います。

スポンサードリンク